2017年02月13日

スノーシューウォーク体験会に参加して

 昨日の2月12日は、青森ウオーキングクラブの第223回例会で、スノーシューウォーク体験会に参加してきた。
 今年の青森はまれにみる小雪で、昨日の朝の時点で積雪が30pであったので、平年の80数pに比べると4割弱しかない。西日本での大雪のニュースで、平年の4倍から10倍の積雪との報道を聞くと、例年は青森の積雪状況がニュースになるのに、今年は逆になったようで変な気分である。
 さて、小生はスノーシュー体験は初めてであったが、今回のコースは、温泉地の浅虫で浅虫高野山と呼ばれる「八十八か所石仏願掛け巡り」コースを38人のパーティーで行った。
 雪が少なかったため、コースの入り口からスノーシューで歩くことができず、コースの登り口である八幡宮裏を少し上ってからスノーシューを付けて180mのピークを目指した。
 天候は雪が予想されていたが、始めはあいにくの雨模様で、途中からみぞれ交じりの雪になった。途中の展望台から眼下の浅虫温泉街と対岸にある湯ノ島などを眺めて小休止し、集合写真を撮った。
 このあと、頂上を目指す健脚グループと下山するコースのグループに分かれることになり、健脚グループの15名に同行して頂上を目指した。ここからは石仏が次々と現れ、ピークを過ぎてからの下山コースにも石仏は続き、最終地点の浅虫高野山陸奥護国寺まで続いた。
 今回は、出発地点の道の駅「ゆ〜さ浅虫」からスタートして、約2時間余りのウォーキングであった。終了後は、近くのホテル「海扇閣」の温泉で疲れをいやした。
ラベル:スノーシュー
posted by yukidaruma at 21:09| Comment(0) | ウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: